クラシックとジャズは両立できる?奏法は同じ?

トランペット関連情報

スポンサードリンク

クラシックとジャズの両立 〜クラシックのすすめ〜

以前、クラシックのオーケストラと、ジャズのビッグバンド両方に在籍していたとき、オーケストラのある奏者から、「クラシックをやるならジャズはやめたほうがいい」と言われたことがあります。
このとき以外でも同じように、トランペット奏者はクラシックとジャズの両立は「できない」または「良くない」という話を聞いたことがあります。
しかし、ジャズをやっている人からは、「ジャズをやるならクラシックをやめた方がいい」という話は聞いたことがありません。
この不思議な現象の理由を考えてみましょう。


世界の名の知れたトランペット奏者の過去を見てみると、おおよそ次のようなことが言えそうです。


クラシック奏者  ・・・・・・ 子供のころからクラシックを専門にやってきた人がほとんど。
ジャズから転向したという話はほとんど聞かない。
ジャズトランペッター ・・・ 子供のころからジャズをやってきた人も多いが、若いころはクラシックをやっていて、途中からジャズに転向した人も多い。

これは個人的な印象かもしれませんが、トランペットに限らず、楽器奏者はクラシックから始めるというのは自然なことでしょう。


ではなぜ「クラシックをやるならジャズはやめた方がいい」と言う人が多いのでしょう?


それは、おそらく「ジャズトランペッターの奏法」にあまり良い印象を持っていないからではないでしょうか?
確かにクラシック音楽は繊細な表現力を求められることが多く、また、楽譜自体も細かい動きや、ひじょうに難しい音形でもきれいに吹きこなさなければいけないということは確かです。
しかしその点ジャズも同じで、極めようとしたら、やはり繊細な表現力や、そのための高度な演奏技術も必要になってくるはずです。


ところが、ジャズトランペットの場合、「アドリブ」や「ハイノート」という何よりも手に入れたい目標があり、またそれが、ジャズトランペッターを志す人にとってあまりに魅力的すぎて、トランペットの演奏技術がまだ未熟なままアドリブやハイノートの練習に没頭してしまう人が多いのです。
さらに、「ジャズは自由な音楽、ミスしてもOK!」みたいな風潮がプラスして、トランペットが上手になるということへの執着が薄れているように思います。


クラシックやジャズ、あるいはそれ以外のどんなジャンルの音楽でも、演奏家は、聴く人を感動させることができたらこれ以上の喜びはないと思います。
人を感動させるには、自分の持っている音楽を100%表現できることが理想です。それには楽器を思い通りに操れる演奏能力が必要です。
この「思い通りに操れる演奏能力」を身につけるためには、どうしても、クラシック的で、メカニカルな練習を地道に続けていくことが必要になってくるのです。


このように、どんなジャンルでも、「まず、トランペットが上手くなること」という目標は共通のもので、つまりはそのためのプロセスも共通であるはずだと考えます。


「クラシックとジャズの両立」・・・トランペットは大変難しい楽器ですが、とことん練習して、「確かな」演奏技術を身につければ、当然可能なことだと断定します。


スポンサードリンク




トランペット 吹き方 トランペット情報ネット HOMEへ

おすすめ

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009-2010, トランペット情報ネット All Rights Reserved.