楽器フェア2009レポート。いろんなトランペットを試奏してきました。

トランペット関連情報

スポンサードリンク

楽器フェア2009 レポート 【前編】 ◆ヤマハ ◆野中貿易(バック他)

2年に1度の楽器フェアが去る11月5日(木)〜8日(日)にパシフィコ横浜の展示ホールで開催されました。
私は最終日の8日(日)に行ってきました。
楽器フェアに行くときの必需品として、展示されているトランペットを試奏するために、いつも使っているトランペットのマウスピースを持参。それからパンフレットなどをもらって帰るために大きめのバッグ、そしてもちろんデジカメを持って行きます。


楽器フェア 2009 JR桜木町駅からランドマークプラザとクイーンズスクエアを通り抜けるとパシフィコ横浜が見えてきます。
会場には11:00ごろ到着。
入場料\1000(当日券)を支払い、中に入ります。
広い会場内には、楽器の種類別にエリアが分かれています。やはりギターを中心とした電気楽器のエリアが一番広いです。
管楽器エリアでトランペットを出品しているおもな会社は、ヤマハ、野中貿易、グローバル、プリマ楽器、黒澤楽器、中島楽器、セレクトインターナショナルなど。


楽器フェア 2009 会場内に入るとすでにたくさんの人たち。
早くもあちらこちらでミニライブやイベントが始まっています。



ヤマハ

ヤマハ ブース 楽器フェア 2009 まずはヤマハのブースに行ってみました。
あらゆる種類の楽器を作っているヤマハのブースは、さすがにほかの会社よりもずいぶん広い。
その中で管楽器のエリアは一番端にあったが、ほとんど全ての管楽器を作っている割には手狭に感じられた。
肝心のトランペットのコーナーは、展示されているモデル数が少なめだったのでちょっと残念。


ヤマハ トランペット 楽器フェア 展示されているヤマハトランペットはカスタムシリーズの中から一部のみ。(右写真)
支柱2本のYTR-8335シリーズや、プロフェッショナルシリーズ、ステューデントシリーズなども吹き比べてみたかった。
楽器屋さんに行けば試奏させてもらえるが、買う気もないのに何本も試奏するわけにはいかないですもんね。


ヤマハ カスタム トランペット 楽器フェア
拡大表示 (ピンボケですみません!)
右の写真はジャズ・プレイヤーに人気の5本。
試奏している人も多かったです。
左からYTR-8335GH、YTR-8310Z、YTR-8335LA、YTR-8340EM、YTR-8335LAS


通称ウェイン・バージェロン・モデルのYTR-8335LAは特に吹いてみたかった楽器の一つ。
前に出る音の量と、自分に聴こえる音の量とのバランスが絶妙ですごく心地いい。そして音色はYTR-6310ZやYTR-8310Zの延長線上に位置するが、チューニングスライドの支柱が効いているのか、まとまりのあるタイトなサウンドという印象だ。
さらにスケールやフレーズを吹いたときの音の移り変わりが程よく滑らかで気持ちがいい。
ラッカーとシルバーの違いはそれほどなく、見た目の好みで選んでもいいかもしれない。トータル的にすごくいい楽器だと思います。
YTR-8310Zと吹き比べてみると、全体的によく似ているが、YTR-8335LAがリードトランペット向きだとしたら、YTR-8310Zは2ndトランペット向きという感じでしょうか。8310Zの方が音に広がりを感じ、ソロなどで自由に表現するのに向いているという印象を受けました。


そしてエリック宮城氏のシグネイチャー・モデルYTR-8340EM。正直なところ「難しい楽器」という印象です。
これは以前に何度か試奏したことがあるが、そのときもまったく同じ印象を受けたのです。
「難しい」というのは、例えば一つ一つの音の「ツボ」が狭い・・・つまり、音の出だしを正確な音程で狙って吹かないと、極端な言い方をすれば、音を外してしまいそうな気がします。
スケールなどを吹いたときも、滑らかというよりも、どちらかと言えば、音の移り変わりがはっきりしていて、滑らかな表現をするには柔軟なアンブシュアが必要になるかもしれません。
この楽器の魅力を十分に発揮するには、エリックさんのような高いコントロール性と、豊かな表現力が求められるような気がします。上級者向けの楽器という印象を受けました。


YTR-8335GHは私も所有しているのでここでは吹かなかったが、やはりこの中で比べるとヘビーな部類に入るので、吹き心地や音色はかなり違います。ヘビーなトランペット独特の芯のある音色で、音が前に飛んでいく感じです。


ヤマハ トランペット シカゴモデルYTR-9335CHS いろんな楽器を試奏していると、ヤマハのスタッフが「これ吹いてみませんか?」と言いながら、シカゴモデルのYTR-9335CHS(右写真)を差し出してきた。スタッフの話によると、最近アメリカのジャズ奏者の間で、このシカゴモデルYTR-9335CHSの人気が高まっているらしい。
吹いてみると、その話どおりすばらしい楽器だった。一言で言うと「表現力豊かな楽器」という感じだ。
ソフトに吹けば、ひじょうに繊細な柔らかい音が出るし、響かせようとすれば、よく響く豊かな音が出る。ダイナミックレンジもひじょうに広いという印象を受けた。頭でイメージしたとおりに楽器が反応してくれるという感じのトランペットだ。

ヤマハ トランペット シカゴモデルYTR-9335CHS
YTR-9335CHSのピストン
ただ一つ気になった点が、ピストンの操作性。
ピストンが、かたく重たい感じで押し心地が快適と言えない。 ヤマハトランペットのカタログによると、ピストンがメカ的に独特なデザインになていて、これが影響しているのか?
ただこのあたりは好みの問題かもしれないが、私の好みとしては、軽い中にも弾力性(反発力)があり、速いピストン操作をしたときに軽快に「ポンポン」とはね返ってくる感じが好きだ。


■ ピストン・スプリングの裏話(?)
私が普段使っているヤマハ トランペットYTR-83のピストン・スプリングは、ジュピターのトランペット用ピストン・スプリングに交換している。
実は以前、エリック宮城さんがYTR-83を使っているころ、そのエリックさんのトランペットを吹かせていただいたときに、ピストンの押し心地がひじょうに気持ちよく、エリックさんに聞いてみたところ、ジュピターのスプリングに交換しているとのことだった。迷わず私もジュピターのスプリングに交換したのだった。
「ハイスピード・スプリング」なるものも試したが、やはりジュピターのスプリングの方が、軽い中にも弾力性(反発力)があり、ジュピターのスプリングの感触が一番気に入ってます。



ヤマハのブースには楽器だけでなく、下の写真のようにトランペットのベルの加工工程ごとの見本や、ピストン部のカットモデルなども展示されていました。

ヤマハ トランペット ベル加工工程 ヤマハ トランペット ピストン部カットモデル
拡大表示 拡大表示


実は今回の楽器フェアで密かに楽しみにしていたことは、サックスの手彫り彫刻の実演。
ヤマハの職人さんが実際に手彫り彫刻を目の前でやって見せてくれる。解説によると、アルトサックス1本彫り上げるのに約30〜40分、テナーサックスで40〜50分、バリトンサックスだと1時間以上かかるそうだ。
職人さんてかっこいいですね!

ヤマハ・サックス手彫り彫刻の実演 ヤマハ・サックス手彫り彫刻の実演
拡大表示




野中貿易

さて次に野中貿易のブースです。
野中貿易といえばバックやセルマーで有名ですね。B♭管トランペットがずらりと並んでいて目移りしてしまいます。

野中貿易 トランペット 野中貿易 トランペット

まず吹かせてもらったのはバックの標準、180ML(37ベル)のゴールドプレート。
ん〜やっぱりバックもいいですね。
バックのトランペットというと昔は個体差があるというイメージがあり、またそれが選ぶときの楽しみでもあったように思いますが、最近は楽器の製造工程事情も変わり、個体差はひじょうに少なくなったように感じます。
この180MLゴールドプレートのトランペットを吹いて、久しぶりに正統派のトランペットを吹いたような気がします。落ち着きのあるなんとも言えない「いい音」、クセがなく「トランペット標準」と言いたくなるようなバックトランペットはクラシックからジャズまでどんなジャンルの音楽でもよくマッチします。


バックトランペット182ML
拡大表示
そして左の写真はバックトランペット182MLシルバープレート。
バックの工場がストライキ中にコーンの工場で造られていたという製造期間の短いバックのトランペットです。
すでに生産は終了しているため、在庫がなくなり次第手に入らなくなるとのこと。
吹いてみた印象は、標準の180MLよりもほんの少し音が軽く、明るめの音色のような気がしました。標準の180シリーズがきついと感じる人にはいいかもしれません。
あとから知ったのだが、この182MLは、ライトウエイトの本体に、標準ベルという組み合わせらしい。



野中貿易と言えばバックというイメージが強いが、コーン、キング、ホルトン、セルマー、シュースター、ルブランなど、多くの銘柄のトランペットを扱っている。
その中からいくつか試奏してみたが、どれも吹きやすく、音色もひじょうに良く、気持ちがいい。
そこで感じたことは、どれも皆、吹いた感じや音色が似ているということ。目を閉じて吹いたら全部がバックだと思ってしまうかもしれない。特にホルトンなど、まるでバックのトランペットを吹いているようだった。


CONN 1BR(左)1NB-SP(右)
(中央奥はフリューゲル 1FR)
KING 2055T HOLTON ST307 SELMER Sigma
トランペット CONN 1BR & 1NB-SP トランペット KING 2055T トランペット HOLTON ST307 トランペット SELMER Sigma
拡大表示 拡大表示 拡大表示 拡大表示



>> 楽器フェア2009 レポート【後編】へ



スポンサードリンク



トランペット 吹き方 トランペット情報ネット HOMEへ

広告


スポンサードリンク

Copyright (C) 2009-2010, トランペット情報ネット All Rights Reserved.