ちょっと気をつけるだけですぐに初見に強くなる、即効性のコツを紹介!

トランペット関連情報

スポンサードリンク

初見に強くなるちょっとしたコツ

バンド活動をしていると、新曲を試してみるときなど、初見で演奏することは日常的にあることだと思います。
そのときにある程度譜面に忠実に演奏できないと、その曲がどんな曲なのか、どんなアレンジなのかがわかりません。
初見で演奏するときに、いくつかのポイントに気をつけるだけで、自分の初見レベルはその場で確実にアップします。



楽譜が配られたら以下の順に確認していきます。

1.キー(調子)を確認する。

まず最初に、その曲が何調なのか、調号を確認します。
長調なのか短調なのかはすぐに判断できないかもしれませんが、まずは調号の「♯」または「♭」の数を確認します。
できれば、調号を見た瞬間に、キー(調子・何調なのかということ)がわかることが理想です。
また、曲の途中で転調していないかも確認しておきましょう。



2.拍子を確認する。

調号の確認と同時に何拍子なのかも確認します。
これは大丈夫ですね。



3.曲の行き方を確認する。

楽譜全体を見渡していき、リピート記号、D.S.(ダル・セーニョ)、D.C.(ダ・カーポ)、Coda(コーダ)などを確認し、曲の進み方を確認しておきます。



4.指使いの確認

楽譜全体を見渡し、特に難しそうなところがあったら、ゆっくり指使いを確認しましょう。




演奏中のコツ

上に挙げた演奏前の確認をしておけば、あとは演奏中の「ちょっとしたコツ」だけおさえれば、あなたの初見レベルは確実にアップします。
その「ちょっとしたコツ」とは・・・


「意識して先を見る。」

ということだけです。実は、これが何よりも初見のときに大切なことです。
これは簡単なことですし、だれもがわかっていることだと思いますが、意外にできていないものです。
ここで大事なのは、「意識して」という部分です。
最初は注意深く先を見るようにしていても、演奏しているうちに、「今吹いているところ」を見てしまっているのです。
常に「意識して」先に目を進めていくようにしましょう。
目安としては、曲の速さにもよりますが、吹いているところよりも常に1小節先を見ることです。
特に速い曲では先を見ることが難しくなってくるので、特に意識して、少し強引に目を先に送っていくようにします。速い曲の場合は2小節先を見るぐらいの意識が必要です。
また、スローな曲でも同じで常に先を見ます。そして余裕があるならその分、音符以外の表情記号なども見るようにしましょう。



テンポ、リズムを身体に刻む

初見読みでもう1つ大切なことは、身体でリズムを感じ、曲に乗ることです。
楽譜を読むことに必死になり、リズムに乗れていないとアンサンブルになりません。まずは正確なテンポを身体に刻み、そのテンポの中で演奏していくことは、ひじょうに大切なことです。

【足踏み(タッピング)】

そのために自然に行われていることで、「足踏み(タッピング)」があります。拍子に合わせて足をパタパタするあれです。
これには賛否両論あり、「やってはいけない」という指導者もいらっしゃいますが、ジャズなどでやるのは自然なことですね。(クラシックでは普通やりませんね。)
これはふつう4分音符の動き(1拍ごと)に足を踏むと思いますが、ジャズなどで速い曲の場合、2拍目と4拍目で踏んでいる人は、次回の練習のときに、1拍目と3拍目で踏んでみてください。初見がスムーズにできるようになるだけでなく、あなたの演奏自体に正確さを兼ね備えたビート感のある演奏になることと思います。
もし、プロのミュージシャンの演奏を聴く機会があったら見てみてください。ほとんどのミュージシャンは1、3拍目で足を踏んでます。


スポンサードリンク




トランペット 吹き方 トランペット情報ネット HOMEへ

おすすめ

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009-2010, トランペット情報ネット All Rights Reserved.