スランプから抜け出す方法!

トランペット関連情報

スポンサードリンク

スランプからの脱出法

<関連ページ>
「1日吹かなかっただけでスランプに!〜脱出法 その2〜」
「ミュートを使って調子を取り戻す!〜脱出法 その3〜」



長年トランペットを吹いていると、多くの人は経験するスランプ。
その症状の多くは、音がいつもの響きがしない、高い音が出ない、そしてすぐバテる。
それなのに、スランプに陥ったときに周りの人に話しても大抵「そう?いつもとかわらないよ。」と言われることも多いのです。


【ちょっとの違い】

つまり、聴いてる人にはわからないほどのちょっとした違いなのに、自分にとってはそのちょっとした違いがものすごく大きく感じられ、単に「調子が悪い」では済まされないほど不快で、トランペットを吹くことが苦痛にすら感じることもあります。


【なぜスランプに陥る?】

スランプにも種類があると思いますが、多くの人が経験する症状として、

  • 音が"鳴らない"(音自体は出るがいつもの響きが出ない)
  • 高い音が出ない
  • 低い音が響かない
  • すぐにバテる

などが多いようです。
ではなぜスランプに陥ってしまうのでしょうか?


だれもが、たまには調子が悪い日というのがあるものです。ところが、バンドの練習などでは特に、調子が悪いからといっても、曲が始まったら吹かなければならず、無理矢理アンブシュアを操作し、いつもと違う吹き方、つまり、いつも使っていない筋肉を使ったり、いつもよりも力を入れたりして強引に音をしぼり出してしまうのです。
実はこれが、自らスランプに陥る行動をとってしまっているのです。
バンドの練習などでは、そんな状況の中、2時間も3時間も吹いてしまいます。いつもの音を出そうと必死になり、力を入れたり押し付けたり・・・そしてすぐにバテる・・・でも出さなければとさらに無理矢理・・・。
こうしてもともとちょっと調子が悪かっただけなのに、このような悪循環がスランプに陥れてしまうのです。


【いつもの吹き方を貫こう】

では、スランプに陥ってしまったら、どうすれば良いのでしょうか?
まず、一番大切なことは、どんな症状であっても「いつも通りに吹く」ということです。
つまり、音がいつものように響かなくても、高い音が出なくても(または低い音が出なくても)、「吹いた結果の音」は極力無視し、いつも通りの吹き方で吹くことです。
これはかなり大変なことです。例えば重症のときなど、いつもの吹き方だと音すら出ず、「プスー」と息の音だけになってしまっても、とにかくそのまま続けるということです。
スランプの時というのは物理的に考えると、音を出すためのどこかの部分が、いつもとちょっとだけ違う状態なのです。
もともと「トランペット」という単なる「金属製の管を曲げたもの」に、ひじょうに繊細な唇や身体の動きを加えることによって、美しい音楽を表現しているわけですから、ほんの些細な「異常」でも、演奏者本人にとっては、すごく大きな異常に感じられてしまうのです。
音の響きや、吹いたときの感触がいつもと違っても、自分の本来の「マウスピースの当てる位置」や、「口の周りの筋肉の使い方、力の入れ具合」など、いつも通りのアンブシュアで吹くようにしましょう。無理矢理いつもの音を出そうとして普段と違う吹き方をすれば、いつまで経っても元の奏法に戻れず、スランプから抜け出すことができなくなってしまいます。

【休止期間も有効】

もし、スランプが長引いたときは、しばらくの間、休止期間をとるのも有効です。
スランプから脱出することに夢中になるより、トランペットの練習を少しやめ、間違えて記憶してしまった吹き方を忘れさせ、リセットさせるのです。
人間の身体は、実行した動きを無意識に記憶していきます。同じ動きを繰り返し行うことで、さらに記憶を定着させていき、この積み重ねでどんなことでも少しずつ上達していきます。
ところが、悪いクセに対しても、この機能が働いてしまいます。でも、短期間の記憶は、しばらく休むことによって忘れてくれます。そして、長い期間続けてきた記憶は、そう簡単には忘れることはなく、しばらくの間休止することで、一時的に憶えてしまった間違った記憶だけが消えてくれます。そして、自然と身体にしみ込んでいる本来の吹き方が復活してくれるでしょう。


<関連ページ>
「1日吹かなかっただけでスランプに!〜脱出法 その2〜」
「ミュートを使って調子を取り戻す!〜脱出法 その3〜」


スポンサードリンク



トランペット 吹き方 トランペット情報ネット HOMEへ

広告


スポンサードリンク

Copyright (C) 2009-2010, トランペット情報ネット All Rights Reserved.