トランペットのカスタマイズやライト チューンナップを紹介!

トランペット関連情報

スポンサードリンク

トランペットの改造

カスタマイズ & チューンナップ

トランペットの各パーツを交換したり少し改造しただけで、音色や吹奏感などが変化します。
最近はチューンナップ用のパーツもいろいろなものが発売されていて、ほとんどのものは簡単に交換や取り付けができ、すぐにその効果を体感できるのも魅力になっています。


ヤマハトランペット YTR-83(改)
管理人のトランペット ヤマハ YTR-83(改)
私のトランペット ヤマハ YTR-83(右写真)の場合、音色などはほぼ満足していたのですが、見た目にこだわってパーツを交換したり、色を統一するために銀色の部品に金メッキをかけたりして自分だけのトランペットにカスタマイズしてきました。
ここではそのカスタマイズの内容を紹介します。
◇ヤマハトランペット YTR-83とは◇

YTR-83とは、YTR-6310Zをベースにヤマハがエリック宮城氏の監修で開発した山野楽器オリジナルモデルです。YTR-6310Zは実はボビー・シューが開発に携わっており、以前は別名「ボビー・シュー・モデル」と呼ばれていました。(現在ボビー・シュー・モデルと言うとYTR-8310Zを指します。)
YTR-6310ZとYTR-83の大きな違いは、6310Zがプロモデルなのに対し、83はカスタムモデルに属している。見た目の違いは6310Zは1番スライドの指掛けはチューリップ型で、83はリングになっているなど。そのほかにも細かい点に違いはあります。

>> 山野楽器オンラインショップ YTR-83 売り場へ

○ 広告リンク (画像をクリックすると石橋楽器店の商品詳細ページがご覧いただけます。)
ヤマハ YTR-6310Z
(ラッカー仕上げ)
ヤマハ YTR-6310ZS
(銀メッキ仕上げ)
ヤマハ YTR-8310Z
(ラッカー仕上げ)
ヤマハ YTR-8310ZS
(銀メッキ仕上げ)

私にとってYTR-83の1つの魅力がゴールドラッカーであること。一般的なクリアラッカーよりも深い金色で、一見すると金メッキのように見えます。ただ残念なのは、指掛けやツバ抜きなどのいくつかのパーツが銀色であること。これは材質がニッケルでできているためです。
私は「楽器全体を金色にしたい」というこだわりがあります。



■チューニングスライド

もともとYTR-83はチューニングスライドに支柱が付いていないのですが、新たにチューニングスライドを発注し、これに支柱を取り付けてもらいました。ヤマハの国内モデルの支柱はニッケルという材質のもので、色は銀色をしておりYTR-83本体と同じラッカーをかけてとしても金色にはならないのです。同じ金色に統一させるためには金メッキをかけなければなりません。たまたま輸出用の真鍮製の支柱があるとのことで、この真鍮の支柱にしてもらい、ゴールドラッカーをかけてもらいました。


※YTR-83はゴールドラッカー仕上げで、ラッカーの中でも比較的金メッキに近い色をしています。
クリアラッカーなど普通のラッカー仕上げの楽器では、金メッキと色が合わない場合がありますのでご注意ください。


チューニングスライド支柱(YTR-83) チューニングスライドの支柱は輸出モデル用(真鍮製)。
さらに、ツバ抜きとツバ抜きを留めるネジはニッケル製なので金色にするために金メッキをかけてもらいました。
YTR-83 チューニングスライド比較 チューニングスライド比較
上が標準品(購入時に付いてたもの)。支柱がなく、ツバ抜きやネジが銀色。
下が特注品。

★音の違いは?★
もともとYTR-83はオープンな音色が特徴で、明るく響き渡ります。なので吹いていてとても気持ちがいいのですが、ビッグバンドのリードを吹くには少し音が広がりすぎている感じがしていました。支柱を付けたことにより、今までより芯があり、指向性のある音になりました。満足してます^^。

☆純正パーツ以外にもいろいろなパーツが販売されています。

buzzトランペット用カスタムパーツ

M/K クルーク(チューニングスライド)


〈 販売店 〉
TrumpetStation




■ピストン軸、指掛け、ストッパー
YTR-83 ピストン部 ・ピストン軸はアルミ製のものから真鍮製のものに交換
・マウスパイプに付いている右手小指用のフックをリングに交換し、金メッキで色を統一
・3番スライドのストッパーを旋盤でくりぬき、金メッキで色を統一
・1番と3番スライドそれぞれのリングに金メッキをかけて色を統一

★音の違いは?★
真鍮製ピストン軸は、芯のある音になると言われているが、正直なところ私には違いがわからなかった。ただ、ピストンが重くなった分、押すときの感触が良くなった。
マウスパイプの指掛けも、フックよりリングの方が「音が散らない」と聞いたことがありますが、これも私には違いがわからない。
ストッパーのくりぬきは、YTR-8340EMに採用されているので真似したのですが、これも違いがわからなかった。

YTR-83 標準ピストン軸 マウスパイプ指掛け 第3スライド ストッパー
もともと付いていたアルミ製のピストン軸。 マウスパイプの右手小指用の指掛け。
左がもともと付いていたフック型。右のリングに交換し、金メッキをかけた。
3番スライドのストッパー。
YTR-8340EMの真似。
エリックさんは「音が変わるよ」と言っていたが・・・。

スポンサードリンク



トランペット 吹き方 トランペット情報ネット HOMEへ

広告


スポンサードリンク

Copyright (C) 2009-2010, トランペット情報ネット All Rights Reserved.